ガジェッティング(自作PCとガジェット)

自作PCとガジェット収集が趣味の私が、お気に入りのものを紹介します。

【Python3エンジニア認定試験】を受ける

みなさんこんにちは。

今回はPython3エンジニア認定試験を受験することにしたので、試験の紹介と受けようと思った理由について書いていきたいと思います。

Python3エンジニア認定試験とは

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会が主催する、認定試験です。pythonは、機械学習や科学演算に適している上、可読性も高いため現在注目されているプログラミング言語です。基礎試験とデータ分析試験の二種類の難易度があります。

受験の目的

少し前に、とある企業のインターンシップに申し込んだのですが、参加にはpythonの基礎知識が必要だったため付け焼刃で勉強しました。そのとき利用したのが以下のサイトです。

こちらの無料レッスンを利用しました。チャプターごとに説明と実践があり、実際に書いたコードが動いたらクリアです。最初は簡単でしたが途中から難しくなり、チャプター3.3「クラス」あたりから理解できなくなってしまいました。これについては別のアプローチで勉強し直したいと思います。

せっかくPythonの基礎を学んだので、就活で目に見える形としてアピールできるレベルに持っていきたいと思い、認定試験を受けることとしました。難易度はデータ分析試験の方を、就活が本格的に始まる3月までに受験する予定です。

まとめ

プログラミング言語は今まで学んだことがなく、まだ基礎を学んだ段階なのですが試験までに勉強していきたいと思います。(難しそうなら基礎試験に変えるかも)試験が終わったら、また感想なども書いていきたいと思います。